2019年01月11日 14:12  カテゴリ:ワクチン

予防接種のご相談でした

こんにちは!大島貴栄です。
寒いですねー!
暗い時間が長くて、毎日よく寝ています(^^)

さて、先日ご相談にいらしてくださいました!

予防接種について、知りたいとのこと。
1歳のお子さまに今までの予防接種は受けたけれども、実際はどうなの?というご相談でした。

相談者様はもともと、お食事や日用品にも気をつけていらっしゃいました。
そんな中、予防接種に疑問を持たれたとのこと。

ついついわたしの主観が入ることもありますが、
できるだけ持っている情報を客観的にお伝えし、
お母さんがきちんと納得して、予防接種について選択できるといいなぁと思っています。

なんでもそうですが、しっかり考えた上での選択ならば、すべて正解だと思います。


ただ、予防接種に関しては、産後すぐの(あの頭の働かない、身体もヘトヘトな)ときに、
接種券が届いたら、
「病院行かなきゃ!」ってなっちゃいますよね?
しかも、予防接種のメリットばかりが強調されたパンフレット付きで。

赤ちゃんの身体に入るものって、お母さんたちすごく気にされてる方が多いと思うのです、離乳食とか。
でも、なぜだか予防接種は何も考えないで、身体に入れちゃう。
というか、考えられる状態じゃないです、産後2ヶ月って。

そんなこんなで、「みんな打ってるし」、
「打つべきもの」として、予防接種受けちゃうのは、ちょっと一呼吸置いて、考えてみませんか?という提案です。

予防接種は本当に病気を防いでくれるのかな?
何を身体に入れてるのかな?
副反応って書いてあるけど、これがもし起こっちゃったらどうなるのかな?

このあたりは一度考えてみてもいいんじゃないかな?と個人的には思います。  


Posted by 大島 貴栄 │コメント(0)