2019年02月14日 14:27  

額田の山

こんにちは。大島貴栄です。

来週は暖かくなるようですね^^待ち遠しいです!


さて、昨年末のことになりますが、友人の山にいってきました、枝を拾いに。

額田の山

額田の山


ここからは友人に教えてもらったことも踏まえて。

なぜ枝を拾うのかというと、今地面から出てきている広葉樹のがきちんと延びるように。

額田の山を車で走っていると、ほぼ針葉樹。
これはバブルの時代(?)に、植えられた杉や桧奈のだとか。


針葉樹ばかりだと、山の土に水がきちんと含まれないので、土砂災害なども各地で増えているのですね!

また、全国的な水不足の時でも、岡崎は額田の山のお陰で、水不足が深刻にならないそうです。

が、このまま広葉樹が育たないと山がダメになっていってしまうようです。
なので少しでも枝を拾って、広葉樹が育ちやすいようにしていくことが必要とのこと。

一度針葉樹の山に入ってみてください。
地面になかなか陽が当たってないので。
これでは新しい植物は増えないだろうなぁということがよくわかります。

本当は放置されている針葉樹を切っていかなければいけないのですが。
なぜ、放置されているかって?
お金がかかるからです!
以前は高く売れると思っていた木材が、外国産の方が安いから売れない、木を切るのにもお金がかかる。→放置(いまここ)

わたしも山についてはまったく意識はしていなかったけど、
水道ひねれば水が出るのは山のお陰だったのですね!

岡崎市は水道の民営化に向けて動いているようです。(これはわたしも数日前に知りました)
外国では民営化して失敗しているところがたくさんあるようです。
このまま誰も知らないまま、急に水道代が高くなったら、困りませんか?
水質が悪くなったら、いやですよね?

山のこと、水道民営化のこと、もう少し詳しく調べたいと思います。



Posted by 大島 貴栄 │コメント(0)
※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。